賃貸物件を借りる

デザイナーズマンション

賃貸物件を借りるときには、敷金と礼金を支払わなくてはいけません。 賃貸の敷金は、部屋を原状回復するために必要になるもので預かり金として法律では解釈されています。 これは昔からある取り決めですが、慣例ではなく法律によって明確に規定されていることが特徴です。 逆に、賃貸の礼金は大家に対する謝礼の意味しか存在しません。 法律でも礼金を支払わなくてはいけない規定はないため大家が必要としないのならば礼金は支払わなくても問題にならないのです。 礼金が大家に対して支払われるようになったのは、昔の慣例の名残があるからです。 相場に関しても完全に過去の例から試算されるようになっており、明確な基準はその大家に委ねられます。 つまり、客観的に支払わなくても良いお金なのです。

近年は、礼金を支払わなくても良い物件が増えています。 これは、礼金そのものに法的根拠がないからに他なりません。 敷金に関しては、部屋を綺麗に扱えば全額返還も可能になるお金ですが礼金は一度支払えば返ってきません。 そもそも、大家に対する報酬は賃料によって支払われていますので別途礼金を支払わせる慣例は現代に合っていないのです。 法的根拠がないのですから、支払いを拒否することによって賃借人にマイナスとなることも一切ありません。 こうした時代の流れから、部屋の担保として敷金は支払っても礼金は支払わなくても良いとする物件は非常に増えています。 中には、賃貸で敷金も支払わなくても良いとする物件もあるためどのような費用が必要なのかをきちんと確認する必要があるのです。